2017 08 / 07 last month<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>09 next month
スポンサーサイト  --/--/--  --:--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
ちょうど一年前にー、この曲を歌った昼ー、
昨日のことのようにー、今はっきりと思い出すー。

あっ、字余りだった。

懐メロにのせて替え歌をしてしまうほど、去年の今頃を懐かしがっている伊藤です。
私の世代知ってるのかこの曲?


そんな去年の今頃は何があったのかと言うと、

年に一度のお祭り「早稲田祭」が開催されていたのでしたー!!

思い起こせば企画で去年の早稲田祭に出たところからゲシュタルト崩壊の活動は始まったのでした。
曲は「キューティーハニー」をジャズアレンジしたもの。

早稲田祭本番前に正規バンドにすることは決まっていました。
これから頑張りましょうね!!ってことで初ステージで、めっちゃ楽しんだのを覚えています。
ゲシュタルトのはじまりはちょうど一年前だったのです。

去年の今頃早稲田祭があったってことは
今年の今頃も早稲田祭があるってことです。

そう、明日から!!
すっかり告知を忘れていました・・・

私はHPは管理できないのでLive Infoはできませんが、ブログでは告知しておきます。

「早稲田祭」
日付:11月5日(土)and 6日(日)
時間:5日 10:00~16:00
6日 10:00~17:30
場所:5日 学生会館B202
   6日 早稲田大学10号館屋上

私たちは6日のお昼過ぎにでます!!
他にもたくさんのバンドが一日中歌いまくっているので、
お暇でしたら読書の秋ならぬアカペラの秋を感じに来て下さい!!


2日目、雨降らないでええええええ!!


ちなみに、更新してなかった間色々あったので、早稲田祭が終わったら更新します。
しばしお待ちを!!
 |  -- ☆えりこ  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
What's ゲシュタルト崩壊①  10/12/2011  03:57  
秋の夜長にグーグルクロームに悩まされる伊藤です。
まだ仲良くなれそうにありません。

さて、そんな私・伊藤は

話が長い。
ブログも長い。

なぜだろうか。
卒論のテーマのごとく考えました。

そして一つの結論にたどりつきます。


「言いたいことがいっぱいありすぎるからである」

そう、話そうと頑張れば頑張るほど話はつきなくなってしまうサガなのです。
何事にも頑張りたいお年頃です。


話す内容が長いのは効率の悪い話し方しか出来ないからなのでもうどうしようもありません。
しかし、ブログに関しては一つ解決方法を見つけました。

話す内容を貯め込み過ぎてるからいけないのです。
だからこまめに更新することにしました!!

そうすれば短い内容になるはず。。。


たまには諸々ゲシュタルト崩壊の紹介をしてみようかなと思いました。

今回はバンド名の由来

「何でゲシュタルト崩壊なんですか?」って言われることはしょっちゅうです。

本来はカタカナ英語と漢字が織りなすノスタルジックなニュアンスのバンド名がよかったんです。
「丸の内サディスティック」とか「昭和ノスタルジー」とか。

しかし、このメンバーでバンドを結成すると決まった次の瞬間、
原実里が「バンド名はゲシュタルト崩壊がいい!!」と発言。
今も忘れはしない、私たちが大好きなスタ丼の店前でのことでした。

エロさもかっこよさもない。
ましてやバンド名に「崩壊」と言うネガティブな単語が入っている。。。
皆反対するかと思ったんですが、なるみが「いいですね♪」とキャッキャしはじめ、
いつのまにか周りも取り込まれて反対者がいなくなったので、
有無を言わさずこれになりました。

まあ、ほーせいくんは最後まで厭がっていましたが。
私も最終的には「このバンド名がかっこよくなるかは自分達次第かな」とか思い始めてしまったので、「こりゃ私の負けだ」と思い承諾しました。

ちなみにwikiでゲシュタルト崩壊を検索すると・・・
心理学における概念のひとつで、全体性を持ったまとまりのある構造 (Gestalt, 形態) から全体性が失われ、個々の構成部分にバラバラに切り離して認識し直されてしまう現象をいう。
と出ます。

よく漢字練習で同じ文字を書き続けていると「あれっ、こんな字だったっけ?」となることありますよね。
文字が崩れた感じがする、あれです。

当時一緒に企画をやってくれていた3年目のおがちゃんは
「あなたの概念を崩壊させる・・・的な意味でもとれていいかもしれませんね」的なことを言ってくれていましたが、今はそうなるといいなと思っていたりします。

まっ、実里は「響きとインパクト」だけで推したみたいですが 笑

このバンド名の行く末は、今もわからぬままです。
いい方向に向かえばええなと思います。
 |  -- ☆えりこ  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
乳飲み子な話  10/07/2011  02:36  
9月が終わるとやっと夏が終わった気がするのは、大学生のサガなのでしょうか。
また風邪をひいた伊藤です。
季節の変わり目に戸惑っています。

さて、とうとうブログが一カ月も更新されず、スポンサーサイトの広告に乗っ取られそうになってしまいました。
と言うことで、原さんが箱ライブの報告をするまで、私の駄文でこのM&Aを回避しようと思います。

・・・・・と思ってコツコツブログを打っていたら、
いつの間にか原さんにM&Aされていました。

(´ω`)

本来は気休めな駄文をのっけようと思っていたのに・・・

強制的バトンタッチにより私が箱ライブの報告をします。

原ファンに怒られそうですが・・・
せっかくの経験と出会いを無駄にしたくはないのでつづっていこうと思います。
しかし私には文才がないのであしからず!!
むしろ私の駄文で無駄になる可能性がry



去る9月21日。。。
ゲシュタルト崩壊の初??箱ライブをしてきました!!

OBのたいぞーさん主催のライブで箱らしきものはしましたが、その時は出演者もお客様も内輪だったので、アウェーで歌うのは初めてでした。

しかも対バンの皆さんは県外の方々だったので、いい意味で完全アウェー。
初めての環境で歌えることに、ドキドキワクワクしていたのですが・・・


初めてって、トラブルがつきものですよねww
今回も前回の"原だみ声で登場"より大きな問題が起きました。

まず9月21日の天気図を見てみましょう。

たいふーーーーん

彼の名前はロウキー(ちなみに男性名)

そう、俗に言う
たいふーーーーん!!!!

今年三度目の日本上陸で、東日本に上陸した台風としては戦後最大級らしい。

そんな台風15号が散々日本の周りを浮浪したあげくこの日に上陸してきやがりました。
まるで初箱ライブをつぶしにかかるかのように(´ω`)

「パターン青!使徒です!」

「何ですって!!」

テレビで予報を見た時の驚きは赤木リツコなみ・・・

絶望を感じる。。。
本来なら部屋の隅っこで体育座りしてガクガク震える日ですよ。
しかし、シンジくんのごとく私たちは使徒・ロウキーに立ち向かわなければならないのです。

なぜなら、そこにお客様がいるから!!

かくして、お客様と会えること、舞台に立てること、他サークルの人と仲良くなれることを夢見て、我々は秋葉原の地に集合したのでした。

毎度のこと遅刻してきた原を置いて、
向かい風に立ち向かい会場へ。

きゃっきゃ言いながらリハとか終わらせて、
ミニストップで休憩して、
合間ちょっと練習して、

開場です。

私たちの出番は2番目だったのでいそいそと準備して、舞台裏から会場をのぞき見たら

お客さんいない( ̄□ ̄;)!!

まさかの一人、しかも我らが同期だけでした。
当日の15時くらいに来てくれると言ってくれた彼一人が会場にいる状態。
そして続々と「電車が止まっていけません」との連絡が・・・

うん、そりゃそうだよね(´ω`)

来てくれようとしてくれただけでただただお礼を言いたいです(>_<)

とにもかくにも、お客様が一人の状況で、と言うか対バンの皆さんの前で歌ったのでした。

あっちなみにセットリストは
?いっさいがっさい
?真夏のエクスタシー
?わたしはずるい
?ガールフレンド
?Love is Bubble
でした。

歌い終わってめっちゃ迷惑になりながら写真を撮り、
対バンさんの演奏を聴き、
結局台風の猛威に勝てないまま初箱ライブは終了したのでした。

その日の教訓は
「自然の猛威を侮るな」でしたね。

しかし、ロウキーが過ぎ去った後が面白かった!!


対バンの皆さんでの飲み会に参加させていただきました!!
皆さん朝にならないと帰れない距離の方々ばっかりだったので、飲んで時間をつぶそうと。笑

本来なら東京で活動している私たちが動かなければいけなかったんですが、
そこに残ったのはエセ東京人(広島・静岡・千葉)であり、スマホ持っていなかったので
ただひたすらにあたふたしていました。

もう頼りなくてすみません・・・・

皆さんにいそいそとついていき、色々交流をさせていただきました。

多分時間は2時間くらいだったんですが、時間が過ぎるのが早かった!!

東北大学から来たthe E grooveのポーキーさんとあべけんさん、
名古屋から来たODDのわかべちゃんなど、

いっぱい話して、ほんとに楽しかったですww
時間を忘れるくらい・・・


そう、時間を忘れていたのです。
私も原も見事に終電を逃しました。笑

あれーどうするーとどうする気もなくぼけぇと口を開けていた時、

「お姉さんたちうちきちゃいなよ」

と軽めのノリで声をかけてくれる人が・・・

振り返るとそこには眩しい後光を背負った三銃士、
対バンしたODDのだいきくん、うっでぃさん、ねぎちゃんがいたのです!!

なんとまあ、どこぞの家畜より価値のない二人に一晩の宿を恵んでくれるというではないですか!!

えっそんな、悪いですよ!!
・・・と言いながら食いつきました(´ω`)

ずうずうしくも泊めていただくことに。。。

まさかの徒歩でお家に到着し(だいきくんの単身赴任のお父さんのお部屋)
まさかの午後2時過ぎにラーメンを食べに行き
まさかではないけど朝までしゃべっていました。

皆さん面白くて、ひたすら笑ってました。笑

ねぎちゃんは乳飲み子だそうです(´ω`)
だいきくんはたかひろに似てます。
うっでぃさんはうちのウッディ(な○み)よりイケメンでした。

突然お邪魔した私たちの話に一晩付き合っていただいたあげく、
始発で帰る時は皆で駅まで送ってくれました(;_;)

凄い!!名古屋の男性は韓国の男性に勝る紳士!!

人のあったかさに救われまくった夜でした(;_:)


たった一人見に来てくれたえとぅー
ライブ予約してくれた皆
写真撮ってくれたますちゃん
対バンしていただいた皆さん
話して下さった皆さん
家に泊めてくれただいきくん、うっでぃさん、ねぎちゃん
そしてライブを企画してくれた後輩の石垣君

私たちに関わってくださった皆様に、
遅ればせながら心からお礼を言いたいです。

本当にありがとうございました!(>_<)!

これからもゲシュタルト崩壊は精進しますので、
よろしくお願いします!!

次は名古屋に乳飲み子を探しに行きたいと思います(´ω`)
後、だいきくんのブログは面白いですww
(リンクからぜひODDのHPにとんでみよう!!)
 |  -- ☆えりこ  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
絶望的な話  10/01/2011  22:24  
こんばんは!
ゲシュタルト崩壊の哲学者さながら、みさとです

こんなあほちんなブログなのに
更新楽しみにしてるぜ★って言ってくださる方がちらほらといてくださって、
もー本当に感無量です(:ω;)
なのに最近ごぶさたで申し訳ない限りです…


【何故なら①】
とうとうパソコンがぶち壊れた


思えばこのパソコン、中学生の時から使っていた気がするので
かれこれ7、8年間の付き合いになります。

一説によれば、5年程度が寿命といわれているパソコン。

つまりうちの子、人間に換算すれば150歳にもなるでしょうか。
すげえ。

150年前 …――
日本はまだ幕末。ちょうど井伊直弼が桜田門外で暗殺された頃…
アメリカではリンカーンが大統領に当選、南北戦争が始まりました。
なんとあのメンデルも、遺伝の法則を見つけるまであと数年というところ!

壮大な歴史を感じますね。
(しかし人間ならば確実に戸籍に問題があるパターンですね。)


そんなおじいちゃん、

古きよき時代のことしか覚えておらず(Officeは2003のみ対応)、
歯も1つ欠けており(Mのキーがありません)、
中国語を得意とし(しかし私にはさっぱり分からない)、
半角・全角など小さいことにこだわることなく(たまに入力が切り替えられない)、
起きるのも動画を再生するのも遅くて
スカイプさえ数秒しかできないほど容量の足りない

それでもパートナーとしてやってきたのに…

ついに!
液晶がやられてしまったのです(´`)

黒 が 黄緑 に、
白(?) が ピンク になるという
すさまじいもうろくっぷり。
我がゲシュタルト崩壊のHPも一面黄緑に見えます。
空から見たコケ畑のようです。

地球には優しいかもしれないけれど、
目には優しくない。

人間の画像も、目と鼻の穴と口の中が緑に見えるんです。
もはやコケエイリアン。
さざれいしのいわおとなりて、コケのむすまでです。

そんなこんなで、パソコンが長時間使えないわけです。


【何故なら②】
忙しい季節です


私は4年生なので、卒論を書かなくてはいけません。
卒論担当の先生が怖いので、頑張ってレポートというかおおよその内容を仕上げているのです。

私の専攻は東洋哲学です。
津田左右吉先生の本を読んで勉強しています。
ちなみに津田先生は150年ほど前はまだ1ミリも生まれていらっしゃいません。
うちのおじいちゃんパソコンの方がすごい気がしました。
なんてのは冗談です、ごめんなさい

そして楽譜も溜まっています。
やることが沢山ある人は追いかけられる夢をみるそうですが、
今日は学館でジャイアンに追いかけられて階段を必死に上り下りする夢をみました。
ジャイアンは学館のエレベーターに不慣れなので、
途中通過階で撒いてやりました。ざまーみろ。



以上の理由から、
原はしばらくブログに現れないかもしれません…

でもその代わりにえりこやジャイアンや他のメンバーが頑張ってくれるから大丈夫!

楽しみにしといてくださいね~(^^)♪
 |  -- ★みさと  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
熱い日差しと突然の豪雨の繰り返しの中で、鼻水が止まらない伊藤です。
おはようございます。

さて、今週は中村駿佑が錦糸町にこもって研究にいそしんでいるので練習がありませんでした。そして原さんは広島に寄生虫。いや帰省中。

なので報告事項がない。する人もいない。

と言うことで、コラム的なことをやってみようかなと思い立ちました。
やってみたかったのうふふふふ。
①にしてみたけど今後も続くのかはわからない。



忘れもしない小学校6年生の1月。
ぼーっと見ていたミュージックステーションにゴスペラーズが出ていました。
それまでハモネプを見てアカペラに興味はあったのですが、ゴスペラーズは「おじさん軍団」のイメージが強く、別段興味はありませんでした
当時の感想です
だから本当になんとなく見ていました。

その時彼らが歌っていたのは「Get me on」と言うR&Bな曲だったのですが、何故か踊っていました。「この人たち何で踊ってんの!?」と眉間にしわを寄せながら見ていたら、これが意外とかっこいい。

結局約3分のステージで私は彼らの虜になり、次の日にTSUTAYAに向かって全力でチャリをこいでました。

つまり、私はゴスペラーズのアカペラにはさほど興味はなく、今でもオケ入りの曲が好きなことが多いです。

皆さん、ゴスペラーズ=アカペラ曲ってイメージ強くないですか?

しかし、彼らの魅力はアカペラだけではありません!!
今回は大衆的なゴスペラーズではなく、ちょっと違う目線から我らが大先輩「ゴスペラーズ」を紹介していきたいと思います。
※今回長いです。覚悟がある方だけどうぞ!!
 まあ、最悪上げてある動画と最後のまとめだけ見て下さい!!笑

では行ってみよう!!


あなたの知らないゴスペラーズ~曲調から見る~

ゴスペラーズの音楽の原点は、Soul musicと言われる70年代に全盛期を迎えた黒人音楽です。BluseロックンロールDoo-wopをもとに作られていて、とにかくかっこええ。これに関してはまたそのうち。

彼らはとにかくSoul musicが好きで、彼らが発表した曲の中にSoul musicの名曲をだだパクリめっちゃリスペクトしているものがいっぱいあります。
かの有名な「ひとり」とかもそうですね。あの曲はThe Chi-Litesと言うDoo-wopグループの「Oh,Girl」と言う曲からインスピレーションを受けているそうな。

聞き比べてみましょうか。

まず「ひとり」ショートver


で、The Chi-Lites/Oh,girl


おほほう。
似ているか似ていないかの判断はお任せしますが、どちらも本当に名曲ですな。

とまあそんな感じで、ゴスペラーズと切っても切り離せないブラックミュージック。
今回は曲のバックグラウンドを感じながらゴスペラーズを知ってください!!
では曲調別にオススメ曲を見ていきたいと思います。


◆Soul music

愛のシューティングスター
[広告] VPS

ソウルヴォーカルグループのお手本のような曲です。
爽やかなメロディー、早すぎないテンポ、サビは全員で字ハモだけどリードだけフェイク横並びのスタンドマイクソウルステップ、トランペットがバックで輝く感じがまさにww
ちなみにこの踊り、ソウルステップと言われるもので、ソウルヴォーカルグループがこぞってやっていたダンスです。一つ一つの動きは古く感じるかもしれませんが、40を超えた大人の男たちが踊るとカッコヨクなるのです。踊るゴスペラーズなんて予想外では?


1,2,3,for5
[広告] VPS

最初の2分は煽っているだけなのですっとばして構いません。
上と似たような曲ですが、私はこっちの方が好きです。
低音パートとファルセットがいいとこをもってくのがいですねww
この曲を見ていると、どうしてゴスペラーズがこの5人なのかよくわかります。
1人1人の役割がきちんとなされているんですなぁ。凄いわ。

ちなみにこの動画の3:50あたりの映像?照明?演出が秀逸ww


I miss you
[広告] VPS

アカペラ曲ですが、Soul musicの甘さが一段と出ているのではないかと思いご紹介します。
「ひとり」と一緒でリーダーが常にファルセットだけで歌うという、この人にしかできない芸当でできてる曲です。
soulなミュージシャンたちはファルセットで遊びまくります。
曲調もSweet Soul。そして歌詞がまあ切ない。
制作者はリーダー・村上てつや氏(サングラスかけている人)。
文学的でロマンチックな歌詞と、ソウル・R&Bガンガンなこう言う曲をよく作ります。


◆R&B

告白
[広告] VPS

1番好きな曲。R&Bな曲調と曲の構成がめっちゃツボです。
特に2番入りの「高層ビルの空 新しい星座がまた生まれるよ~僕らのために~」ってとこがたまりませんww

ちなみにこの動画で変な横揺れをしていますが、これもソウルステップ
こう見ると滑稽ですねww
しかし、黒人音楽は年を重ねるごとに渋みをましていくといいます。
ゴスペラーズもソウルステップが様になるようになったんだなぁと思うと灌漑深くなりました。(どんだけ上から目線ww)

この赤ジャケット、なるみの衣装と似てる・・・。

ポーカーフェイスfeat Rhymester」
[広告] VPS

R&B曲調をもう1曲。
ガガじゃありません。Rhymesterと言うHipHopグループとコラボした曲。
兎に角曲調から歌詞から何から何までめちゃめちゃかっこええ。
最後あたりの黒沢さんのフェイクと言うか叫びは圧巻です。
この動画若いですね~。おかっぱ頭の北山さんが頭振り乱して歌ってる。
北山さんがわからない人はぜひ探してみて下さいww

ちなみにこのRhymesterとは、早稲田大学ソウルミュージック研究会「ギャラクシー」(私も一時期入ろうと思ってた)にて結成されたグループで、ゴスペラーズが早稲田祭で歌っている横で歌っていたそうな。その時からの付き合いみたいですね。噂によるとゴスペラーズのデビューにRhymesterが関係しているとかしているとか。

この曲歌詞ゲシュタルトっぽい。

◆ダンスミュージック

シークレット
[広告] VPS

特徴は同じリズムの繰り返し、ダンスミュージックってとこです。
・一回聞いたら離れないメロディー
・踊りだしたくなるリズム
・リーダーの好き勝手なフェイク
が何度でも動画を再生したくなる要因ですね。
これもThe Spinnersの「I'll Be Around」をベースにしているみたいです。
全部聞かなくても入り聞いただけで「ああ~」ってなりますよ↓↓
[広告] VPS



◆Doo-wop

こういう曲調好き
まさかの動画がない!!
一番好きな曲part2
これはDoo-wopを題材にしたアカペラ曲です。
ナオト・インティライミに似ている酒井さんと言う方が作りました。

ナオト・インティライミ↓↓
adv1[1]

酒井雄二↓↓
酒井さん

似てません?
この方はパーカスできるし、突拍子もない曲作るし、ひたすらに器用な人です。

酒井さんはこの曲をアカペラグループの14 Karat soulをイメージして作ったそうです。結果、14 katatもカバーしています。
この曲の秀逸なところは、
・もろDoo-wop
・Doo-wopのヴォーカルをイメージした酒井さんの甘いリード
・曲の最後に酒井さんがフェイクで入れてくるDoo-wopの名曲の数々
です。「Good night sweet heart~」と言ってるのはThe SpanielsGood night Sweetheart,Good night。SCSのOBさんも歌っています。
「Earth Angel~」って言うのはそのままThe PenguinsEarth Angel(Will you be mine)
ここじゃ語りませんがどちらも名曲です。
私はこの曲からDoo-wopを知って好きになりました。


◆??

The Ruler
[広告] VPS

クリエイター・酒井雄二が作ったほんとに秀逸な曲。
もうサプライズのオンパレードな曲です。ステージングも工夫しがいがある曲だからどのライブもかっこいいんです。
サビは一定の音域を行き来してて、メロは階段みたいに降りていくんですな。
でリズムは同じリズムを刻んでるって・・・。

歌詞も秀逸です。山田ひろしさんと言う作詞家が書いています。
「蛇の道は蛇 君のスリットへとsnaek in
隠したjewelに kiss
食物連鎖のトップへと降臨
裸のまま 皿にのって」
言葉で遊んでるのか!!山田さんの詩は美しくエロい。
この方とゴスペラーズがタッグを組むとエロい曲しか生まれませんww笑


◆まとめ
とまあ、長々と書き連ねてみました。
ゴスペラーズをあまり知らない人に好きになってもらいたかったんですが、逆に長すぎて読む気失せたかもww
一応短くわかりやすくをモットーに書いたんですがね・・・。
今回これを書いてみて、思い出したことがあります。


それはゴスペラーズを好きな理由

まず誰よりも楽しいそうに歌を歌うところ。
ライブ映像を見ていただくとわかりますが、兎に角本当に楽しそうに歌うんですねー。見ているこっちも笑顔になるくらい。
彼らのステージには「あんな風に気持ち良く歌いたいなあ」と思わせる力があるんです。

私個人の理論なんですが、人は上手くなろうとして歌うんじゃなくて、楽しく気持ちよく歌いたいと思って歌っていくうちに上手くなるんだと思います。
上手くなることは目的ではなく、相乗効果で得れるものなんだと感じています。(って言うかそうでありたいっていう理想)
何でそう感じたんだろう・・・と思っていたんですが、多分ゴスペラーズを見ていたからなんです。

彼らは音楽を、歌を心の底から楽しんでるし、それが周りにも伝わるから皆魅了されるんですね

そして、誰よりも音楽に真剣に向き合っているところも好きな理由。
自分の好きな音楽をガンガン入れて曲を作ったり、ソウルミュージシャンの歌い方やフェイクを真似しまくってみたり、度肝をぬくようなアレンジを考えてみたり・・・。
大真面目に音楽に向き合って追及してるのがわかるから、私も彼らをリスペクトできるんだなぁと思いました。


曲調は全然違いますが、私が思うゲシュタルト崩壊の方向性は、ゴスペラーズから来てるんだと再確認させられましたね。
お客様を楽しませようとするエンターテイメント性や、自分たちが一番ステージを楽しもうとする心意気は、彼らから学んでいるんだなと。

まだまだ足元にも及びませんがね!!

と言うことで、どうだったでしょうか?「あなたの知らないゴスペラーズ」。
アカペラ歌っているゴスペラーズしか知らない人は、意外な一面じゃないでしょうか?
本当はボイスチェンジャー(正しくはトークボックス)とか使っているのを紹介したかったんですが、動画がないため割愛しました。
まあ少しでもゴスペラーズの魅力を伝えられていたら幸いです。

もしこのコラムで乱れたら、ゴスのせい
 |  -- ☆えりこ  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード